大腸癌手術後、キャンプを再開してきました。

アウトドア・キャンピング
09 /29 2016
開腹手術後一ヶ月ちょっとの静養期間を経て、ものは試しにキャンプ再開をしてきました。
傷跡の違和感はまだ残ってますが、行動に移さないと前に進めませんからね。

ada16901.jpg

予報もキャンプ場のスタッフの方も今日と明日は雨は降らないって仰っていたのに、あいにくの雨になりました。
でも、テントとタープを張り終えた二時間後でしたので運良く濡れずに設営できました。
あっ!それって運が良いのか悪いのかわかりませんが・・・(笑)

ada16902.jpg

結局、雨は夜中まで降りましたのでテントとタープは帰宅してから干すことにしたのですが、撤収が簡単なワンポールテントと小さいタープにして正解だったようです。
まるめてドライバッグに押し込めるだけですからね。

気温は夕方近くになりTシャツ一枚では肌寒くなりまして、暖を取るために焚き火をしたり久しぶりにアウトドアを楽しむことができました。
ちょっと混んでいて孤独感は味わえなかったのが残念でした。

ada16903.jpg

野営飯もホットサンドを作ったり

ada16904.jpg

高校生の頃から必ずキャンプに持参した鯖缶で缶詰料理を作ったり・・・

ada16905.jpg

もちろん肉も焼きました。
ま、鶏ですけどね。 (*_*;
大腸を切ったからと言ってホルモンじゃないですよ。

ada16906.jpg

退院時の栄養指導で、暫く肉は鶏にしなさいなんて言われてますからね素直に従ったまでです。
本当は分厚いトンカツが食べたかったです。
インスタントでもいいからラーメンも食べたかったのですが、麺類は消化の良いうどんと指導されているのでホント情けないです。

ada16907.jpg
  鯖缶焼きうどん

ま、でもこうやってアウトドアをまた楽しめることができようになったのは幸せです。
一泊ソロキャンプでしたが、今後は楽なキャンプスタイルに移行しようかなと思いました。
胃にも育ち盛りのポリープがあって、いつ変身するかかわかりませんから暫く無理はできません。
それと・・・
これも以前のようにガブ飲みできませんね。

ada16908.jpg

テントもワンポールのほかに大型のロッジシェルターやドーム型とかカーサイドシェルターなど持っていますが、このメガホーン2は今回で暫く使うのをやめようかと思います。
中から出入り口のファスナーを開けるのが腹の傷を刺激して辛かったし、シングルウォールなので結露が凄いです。
ドーム型はアメドSですが、あれも低すぎて今の私にはちょっとしんどくなりました。
高さのあるツールームテントでも新調しようか迷ってます。

ada16909.jpg

いやーでもキャンプ場の朝の空気は清々しく気持ち良いですねー
だからいつも早起きになります。
今回はホントに良いリハビリになりました。
年内はあと二回くらいは行こうかなと思ってます。



にほんブログ村     

キャンパーはサバイバルが好き

旅行・出張・体験談
09 /26 2016
秋の夜長はやっぱり読書かな?
入院生活の夜は気が狂いそうになるくらい退屈で長かったが、退院したところで我が家も同じだ。
第一、最近のテレビがつまらない。
下品なお笑いとか芸能人がなんたらかんたらの番組(例えばさんま御殿とか)などの低レベルな番組ばかりが多くて面白くない。
芸能人のことを知ったところで飯の種や暮らしの糧にはならない。(お好きな方には申し訳ないが、あくまで個人的見解なので悪しからず)

さて、やはり秋の夜長は本を読むのが良い。
第一、天然の睡眠薬になる。
先日、新聞の新刊紹介で本年8月に出版された一冊の本に興味を持った。

drifting16901.jpg

ノンフィクションものである。
現実主義者にはまさに理想的な書籍

drifting16902.jpg

目次からも分かるように、主人公は漁師
ひと月以上も海の上を漂った漁師たちの生き様を追ったリアルな現実が記されている。

drifting16903.jpg

私は一級小型船舶免許を所持しており釣りが好きで洋上に出かけることもあるが、漁業を生業としている漁師あるいは船舶関係者からすれば海上の自然など語る資格などあるはずも無い。
著者も船舶関係者ではないが現実にそれらを体験したうえでの著書であるので、これは面白くないわけがないと思った。

drifting16904.jpg

まだ読み始まったばかりだが、ぐいぐいと引き込まれていくのが快感である。
海の上でサバイバルは経験したくはないが、キャンパーはサバイバルが嫌いではないのでこうゆう本は興味を惹かれる。


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへにほんブログ村    

病理検査結果と9月の腫瘍マーカー

病気のこと健康のこと
09 /22 2016
入院中の規則的生活から解放され、退院後は食事も生活も自由でわがままやり放題である。(笑)
5kgほど減少した体重も2kg増加した。
こりゃいかん!と、ヒルメシは小さめのオニギリ二個とバナナ一本にした。

IMG_2500.jpg

果たしてこのヒルメシは吉と出るか凶と出るか・・・
体で気になるのは傷跡だが、突っ張って嫌な感じなするのは少しずつだが気にならなくなっていくようである。

さて退院後、最初の通院となった。
診察前に採血をして、その結果を診ながら診察となる。
血液検査はやはり腫瘍マーカーが気になる。

IMG_2502.jpg

CEAは、大腸癌などの消化器系の癌の診断に有効で、基準値は5.0ng/ml以下
私の数値は、1.49だから勿論OKだ。
CA19-9は、消化器癌、特に膵臓癌の診断に有効で基準値は37U/ml以下(RIA法)
これも2.0以下なのでOK

そして切除した部位の病理検査結果もわかった。

IMG_2503.jpg

リンパ節や他の臓器への転移も無く、術後の治療(抗がん剤とか放射線治療など)も必要無いとのこと。
とりあえず良かった。

胃カメラと大腸カメラは年一回受けることになったが、定期検診と思えば何のことは無い。
残すところ手術を伴う持病は、顎下腺の唾石症だがこれは暫く様子見とする。
暫く入院は嫌だ。



にほんブログ村     

癌サバイバーがキャンプをするとしたら

旅行・出張・体験談
09 /19 2016
術後1ヶ月が過ぎて仕事も半日出勤から午後三時まで延長し少しずつ元の状態へと戻りつつある。
来月からは10kg以上の重いものも持ち上げても問題ない時期となるわけだ。
そうなると野良遊びに気持ちが疼く。
休日は家にいるより山や湖水に出かけるのが私はやっぱり好きだ。

mama13501.jpg

これは三年前のGW
標高800mの湖水に面するキャンプ場でソロキャンプを楽しんだ。

mama13502.jpg

定期検診で血便反応が出て大腸カメラによる再検査をしてなんでもなかった翌年のことであった。この時はまさか大腸癌の切除手術を3年後に受けることになるとは思いもよらなかった。
平地でも朝夕は一ケタまで気温が下がる日もある頃であったが、山では春先のひんやりした空気はとても心地よく体が浄化されるようであった。
夏でもないのにサマーベッドなんかを持ち出して読書やうたた寝をして日中を過ごした。

mama13503.jpg

このロケーションを眺めているだけでも、気が休まりストレスがどこかに飛んでいくのを感じた。
夕方になると焚き火をして暖を取り好きな酒を飲み、つかの間の孤独感を楽しんだ。

mama13504.jpg

焚き木は周りにいくらでもあった。

mama13505.jpg

この年は何故かベトナムコーヒーにハマっていた。

mama13506.jpg

数年後にまさか癌サバイバーになるなんて考えもしなかったわけで、人生なんてどこでどうなるか全くわからず出来事は突然やってくるものである。
今後も森林浴をするためにアウトドアは続けるつもりだ。

森林浴の効果は独立行政法人森林総合研究所によって、NK細胞が増加することが科学的にも証明された。
NK細胞とはナチュラルキラー細胞と言って、わかりやすく言えば癌細胞を殺す役目をする。
このことはがんを告知される前から知っていたので、以来、趣味をアウトドアに転じたと言っても良い。
これまではテントを張り酒を飲みながら料理して飲んだ食ったの野外生活だったが、これからは森の中を歩く時間をもっと持ちたいと思う。癌サバイバーがキャンプをするとしたらそれしかないだろう。




にほんブログ村     

違反者の免許更新手数料は引き上げるべき

オヤジの無責任戯言
09 /17 2016
先日のことであるが、朝の通勤途中で制限時速40kmの市道を少なくても70kmは出しているであろうワンボックスとすれ違った。
まさしくキチガイドラーバーである。 (*_*;

交通事故は年々減少し死亡者も減っているとは言え、それは車両の安全性能向上と救命医療の高度化が主な理由であり、ドライバーの運転マナーやモラルはもちろん運転技術が向上しているわけではない。
制限時速40kmの道路を30kmも超過して事故れば間違いなく死亡事故につながるのは目に見えており、まさに運転している時点で犯罪なのだがキチガイドライバー当人は罪の意識がない。

昨日のニュースに、 「6歳男児、県道を横断中に車にはねられ重体(宮崎県新富町)」 の見出しがあった。
人としての心があればこのような記事に胸を締め付けられるのは自然且つ普通の感情であるのだけれど、キチガイドライバーはどんな気持ちでニュースを感じでいるのか知りたいものである。

道交法施行令が平成27年4月1日施行で一部改正され、免許更新時の講習手数料が引き下げられたのは記憶に新しい。
優良運転者は600円から500円に、一般運転者は950円から800円に、違反運転者は1500円から1350円に引き下げられた。
優良運転者の引き下げは頷けるが、違反運転者も引き下げられるのは私には理解できない。
平等とはこういうことではないと思うが、私が間違っているのだろうか?


にほんブログ村     

雨の日のリハビリ

病気のこと健康のこと
09 /15 2016
医師から癌と告知されたらその日から死亡するまで癌サバイバーであるわけだが、転移も無く完治したと言われても癌サバイバーなのだろうか?などとふと思った。
しかし、あれこれ考えても今の私には毎日リハビリを欠かさず兎に角、元の生活状態に戻すことが先決だった。
リハビリ・・・一番困るのが雨の日
特にこれから秋雨前線が活発になると長雨が続いて継続困難になる。
どうすればよいか?
と考えていたらアレがあった。

ez10101.jpg

早速、寝室を片付けて運動スペースを設けた。
このマシンは病院でやっていたものと全く同じものだった。

ez10102.jpg

心拍数も計れるほか、いろんなパターンで運動ができる。

ez10103.jpg

病院では10分間漕いでいたが、術後1ヶ月は何分漕げば良いのだろうか?
そのあたりが全然わからない。 ((+_+))
20分とか30分とか頑張っちゃうと途中でヘタレるかも知れないので、10分にしておくか。



にほんブログ村     

ちょっぴり秋らしくなったので散歩道を変えてみました

病気のこと健康のこと
09 /13 2016
今週後半には術後1ヶ月になるのでそろそろフルタイム出勤にしたいのだけど、運動はなんとか続けたいものである。
そんな中いつもの散歩コースも飽きてきたので少し足を延ばして公園に行ってみた。

kodomori16901.jpg

この先を左折するのだが、大型バスが出てきた。
子どもたちが乗っていたので、私が行こうとする公園に来ていたに違いない。

kodomori16902.jpg

左折すると間も無く入口が見えてきた。

kodomori16903.jpg

正門は閉まっているようだが・・・

kodomori16904.jpg

駐車場へ着くと数台の乗用車と大型バスが一台停まっていた。

kodomori16905.jpg

まずは園内マップで敷地全体を確認

kodomori16906.jpg

なるほど・・・
管理棟はここなのか。

kodomori16907.jpg

向こうにも建物が見える。

kodomori16908.jpg

平屋建ての管理棟だが床面積は広い。

kodomori16909.jpg

森の中へ続く道に進む。

kodomori16911.jpg

少し進むと、「野鳥観察所」 と表示があった。

kodomori16912.jpg

これか・・・

kodomori16913.jpg

へぇー
それにしては鳥の声が聞こえない。
下りの階段があった。

kodomori16914.jpg

階段を降りると、その先は開けていて沼があった。

kodomori16915.jpg

新幹線がすぐ傍を通っている。
休憩所で一息ついて今度は登りの階段を上がってみる。

kodomori16916.jpg

途中で小さな虫がまとわりつき、一箇所だけ刺されてしまった。
階段を登り切ると、トイレ棟

kodomori16917.jpg

その前には 「太陽の広場」 と書かれた日当たりの良い場所があった。

kodomori16918.jpg

綺麗に手入れが行き届いている。
年間の管理費も相当なものだろう。

kodomori16919.jpg

ここで約半分歩いただろうか。
この先の階段を降りると、遊具のある広場
数組の親子連れが遊んでいた。

kodomori16920.jpg

再び森の中に入る。

kodomori16921.jpg

また小さな虫がまとわりついてきた。
途中に東屋があったが、とても休める環境ではない。

kodomori16922.jpg

東屋の脇を通り過ぎ、せせらぎが流れる道沿いを歩く。

kodomori16923.jpg

うるおいのある遊歩道を抜けると、急に目の前が開けてきた。

kodomori16924.jpg

これは滝のようであるが、水が・・・無い。

kodomori16925.jpg

舗装された上り坂
適度に高低差があり運動になる。

kodomori16926.jpg

坂を上りきるとクルマを停めた駐車場が見えてきた。
その手前には、「太陽の広場」

kodomori16927.jpg

これで大体20分コースのウォーキング
秋が深まり紅葉の時期になると、また光景が変わるだろう。



にほんブログ村     

炎天下でのリハビリはこうする

病気のこと健康のこと
09 /09 2016
今週は後半になり温帯低気圧に変わった台風(13号)があったりして、今日になると秋を思わせる涼しさが感じられましたが、それにしても前半の残暑はかなり厳しかったですね。
そんな中をいくらリハビリとは言え炎天下でウォーキングしたのでは危険です。
それじゃーどうするか?
で、考えた挙句こんなこを思いつきました。

「エアコンの効いたデパートとかショッピングモールを歩いたり階段を上り下りする」

bigi16901.jpg

これなら楽しくていい運動になるかも・・・
というわけで、駅ビルや駅前のショッピングモールで早速実行
そして最後に、駅前ビルの22階まで登り市内を一望することにしました。

bigi16902.jpg
南側

眺めがいいですなー

bigi16903.jpg
北側

入院と手術でお世話になった病院も見えました。

bigi16904.jpg

展望階は軽食もとれるようになっていて水分補給にもバッチリです。

bigi16905.jpg

鉄道のジオラマを見たり電車の体験運転なんかもできます。

bigi16906.jpg

23階にあるプラネタリウムで面白そうなものを開催していました。

bigi16908.jpg

入場料は一般で400円と安いです。

bigi16913.jpg

23階です。

bigi16909.jpg

このプラネタリウムは意外と面白いんですよ。

bigi16911.jpg

初老オヤジひとりでの入館は珍しいですが、大体はカップルでした。

bigi16911.jpg

光を放つカメラは禁止なので暗くなったら撮影不可です。

bigi16912.jpg

ま、こんな感じですね。

bigi16914.jpg

宇宙の神秘を見ながらリハビリ運動のクールダウンと言ったところでしょうか。



にほんブログ村     

腸の働きがイマイチ鈍いのだ

病気のこと健康のこと
09 /07 2016
ようやく術後三週間が過ぎ、傷の痛みもだいぶ穏やかになってきて寝返りも苦痛では無くなったのですが・・・


腸の働きがビミョーです。


つまり便秘ぎみです。
腸閉塞は一番警戒しなければなりませんので、食事も消化の良いものを規則的に食べているわけなのに調子が悪いのは何故でしょうか?
ヨーグルトも毎日食べているのにね。


なので、週に二回はこれにお世話になりそうです。

IMG_2492.jpg

クセになりそうで便秘薬はあまり飲みたくないんですがね。
仕方ありませんな。
あれッ!?

IMG_2493.jpg

期限切れになって一年になってるし (*_*;
ま、いっかー

よーし! こうなったら便秘の研究をしようではないか!


(ネットで調べるだけだけど・・・)



にほんブログ村     

大腸癌手術後、二十日目の企み

病気のこと健康のこと
09 /05 2016
今日でようやく術後20日目となった。
仕事は9月半ばまで午前中で切り上げるか、忙しくても午後3時にはキッパリと終えることにした。
そして帰宅後、散歩や軽いストレッチなどの運動をして体力回復に努めるのだ。
また、重いものは6週間位持てないので9月末まで静養期間となるだろう。
なので手術前の生活に戻れるのは10月からになりそうである。

お世話になった病院
hospi1682504.jpg
退院後の散歩道から

9月の終わり頃にはキャンプにでも行ってみようかなと思う。
とは言え、今の私には逃げることもできないだろうからクマが出没しないところにしたい。

そうそう入院する前の晩まで欠かさず続けていた晩酌のことを話さなければならない。
退院する日に担当医の先生に 「飲酒はどうなんでしょうか?」 と恐る恐る尋ねてみると

「飲んでも大丈夫ですよ。しかしほどほどにね」 と笑いながら話された。

これは意外
しかし、当の本人はビビッてしまって口にせず、とうとう8月中はノンアルコールでの夕食となった。
9月になり、ぼちぼち飲酒も良いのではないかと退院祝いの杯を傾けることにした。

bon16803.jpg

赤ワイン
スーパーで安いヤツを買ってきた。

bon16802.jpg

どちらも1本500円未満のシロモノだけど、案外旨いではないか。 (^^)/
調子に乗って二本も買ったけど、初日は1/5本しか飲めなかった。

bon16801.jpg

9月になり暑さも一段落し天高く雲が現れてくると、山の匂いが恋しくなるのだ。
私には山の中が一番の静養地なのである。

とか何とか言って適当な理由をつけては身勝手な事しか考えないわけで・・・ (*_*;




にほんブログ村     

清十郎

キャンプと猫の世話に明け暮れる還暦過ぎの猫爺です。
ブログは食いもんネタ中心で普段の外食や自分で作るアウトドア料理となってます。
外食の場合は思ったことを書きたいので基本的にお店の情報は控えることにします。
隔日更新でその殆どが予約投稿ですが、コメントには必ずお返しいたしますし相互リンクなども大歓迎です。