FC2ブログ
2018-08-17(Fri)

7月のキャンプ飯です

(別ブロとダブります)


ちょうど西日本が記録的豪雨の最中でこちらも雨模様だったが、過ごしやすい気温だったのでキャンプに出撃した。
ヒルメシは途中の食堂で済ませてから向かった。

hutaba18701.jpg

渋い食堂だ。
昭和生まれの昭和育ちのオレは、こういうところに火に入る夏の虫のように吸い込まれて行くのである。

hutaba18702.jpg

テーブルもイスもコップも箸立ても、ぜ~んぶ昭和
網走刑務所から出所した高倉健さんが、煮込みカツ丼を食べてる映画シーンに出てくるような田舎の食堂だ。

hutaba18703.jpg

所望したのはラーメン
スープがかなり滲んだような茶色い麺
実はこれ「焼きそばラーメン」

hutaba18705.jpg

スープもちゃんとソース味なのだ。
なんだかウマい!
クセになりそう。。。

hutaba18706.jpg

交通量も少なくひっそりとして田舎暮らしには移住したいほど最高の町だった。
ここをあとにして、キャンプ場に向かう。

テントサイトはオートサイトにした。
天気が悪いせいか、受付の時に大丈夫かと聞かれた。
一組予約があったらしいがキャンセルしたので、全面貸し切り状態の完ソロとなったのでこっちとしては願ってもないことなのだが、心配してくれたらしい。

numa18701.jpg

曇り時々雨で、アブやアリが多く、じめじめした環境だったが微風もあり、肌はベタベタした感じはしなかった。

numa18702.jpg

設営が落ち着いたところで、ビールタイムとなる。

numa18703.jpg

抹茶も点てたが、自己流なので菓子など無い。

numa18705.jpg

雨が止むと湖水の水面は鏡のようになった。
今から17年前、ここで中学生が溺れて亡くなったことがあった。
その湖水のほとりで毎年咲く色鮮やかな紫陽花が、どことなく仏花に思えた。

numa18706.jpg

心も体も癒す自然のパワーを感じつつ、ぼちぼち宴会へと突入
会津地方なので馬刺しを買ってきた。

numa18707.jpg

馬刺しをつまみながら、豚肉を焼いて夕飯はポークステーキ
振りかけたのは、例の黒瀬スパイス

numa18708.jpg

しかし、このスパイスはキャンプ飯には欠かせない。
美味い!

numa18709.jpg

ポークステーキを二枚食べて今夜はオシマイ
お腹が一杯になった。

numa18711.jpg

yahooの防災情報のチャイムが何度も鳴り、その度スマホを確認すると雨雲が近づいているらしい。
空は鉛色

numa18712.jpg

雨が降ったり止んだりして段々と陽が落ちてきた。
鳥の声も聞こえなくなった。
そのうち、ザーッと雨が降りさっと止む。

numa18713.jpg

夜は静かに深くなり、漆黒の闇となる。
食器を洗い片づけをして、洗面と歯磨きを済ませて就寝

早めに寝たので翌朝は4時に目が覚めた。
コーヒーを入れてホットサンドで早めのアサメシを済ませて、早速 撤収に取り掛かかる。

numa18715.jpg

帰りにクルマの窓から「福満虚空藏菩薩圓藏寺」が見える。
千二百年にもおよぶ歴史を誇る会津きっての名刹だ。

numa18716.jpg

帰宅後は、休む間もなくびしょ濡れのテントを干す。

numa18717.jpg

さて、次回の出撃は9月になるだろう。




にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
2018-08-02(Thu)

6月キャンプ飯

途中でキャンプ場も経営しているドライブインに立ち寄り、みそラーメンを食べてきた。

wase18603.jpg

店の前にキャンプ場と船着き場があってバス釣り客で賑わっていた。
新鮮なシャキシャキ野菜がてんこ盛り

wase18605.jpg

みそラーメンは普通に美味かった。

wase18606.jpg

このあとクルマを10分ほど走らせて目的地に到着
キャンプ場のチェックインを行う。

一ヶ月ぶりのキャンプ
やっぱり山の空気は清々しい。
しかし虫が多い。

wase18601.jpg

日中はすっきりした快晴に恵まれたが、夜は一時雨の予報だった。
とりあえず、水汲みからスタート

wase18602.jpg


テントを設営したあとの冷たいビールがまた美味い!

wase18607.jpg

そして、抹茶タイム

wase18608.jpg

久しぶりの野点

wase18609.jpg

夕方になると酒呑みスタート

wase18611.jpg

つまみは、会津の銘産 馬刺し

wase18612.jpg 

これをロゼのスパークリングワインで合わせてみたが、よくわからない。
その後はおもむろに肉を焼く。
今回は、二種類の味で試食することにした。

ひとつ目は、いきなりステーキのバターソース

wase18615.jpg  

二つ目は、黒瀬スパイス

wase18616.jpg

肉は、わざとアメリカ牛を選んだ。
和牛は美味いに決まってる。

wase18617.jpg

フライパンで焼く

wase18618.jpg 

バターソースを両面に塗った。
念のため舐めてみると、なんじゃこれ!っていうソッケナイ味
塩だけでも振ってみたほうが良さそうである。

wase18619.jpg 

蓋をして2~3分蒸した。
絶妙な焼き加減で肉は軟らかい。

wase18621.jpg 

そして今度は、黒瀬スパイス

wase18622.jpg 

こんな感じで両面にふりかける。

wase18623.jpg

こちらも焼き方は同じ
さて、どちらが美味かったか?

その結果は、黒瀬スパイスが圧倒的な差をつけて勝ち
ステーキ専門店のような、いやそれ以上より美味いんじゃないかと思うほど
いろんなスパイスがブレンドされているようだが、味覚のツボにバシッとハマっている。
これはスゴイわ

一方のいきなりステーキは、全然ダメー
まったく味もぼやけて美味しくない。
塩コショーのほうが美味いかも知れない。

wase18625.jpg

カセットガスコンロに大鍋をかけた。
このコンロはまもなく満4年になる。

wase18626.jpg 

何をするかと言うと、ご飯を温める。

wase18627.jpg 

この日は珍しく腹が減っていた。

wase18628.jpg

味はそれなり

wase18629.jpg 

ポータブル電源を配備してからテントが明るくなった。

そして、翌日・・・

wase18631.jpg 

起きてすぐアサメシ
ホットサンドを作る。

wase18632.jpg 

いきなりステーキのバターソースを塗ってみた。
ベーコンとチーズを挟んで・・・

wase18633.jpg 

それと、マカロニポテトサラダ
そのまま食べる。

上手い具合に焼けた。↓

wase18635.jpg 

バターソースはもっと厚く塗ればよかったか・・・
それにしても、ぼやけた味のバターソースである。

wase18636.jpg

コーヒーは美味し

wase18637.jpg

かくして6月キャンプは終わるのであった。
次は7月
7月も一回しか出撃出来なさそうである。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
2018-04-10(Tue)

キャンプには似つかわしくない山めし

三月下旬のようやく春の兆しが感じられる良く晴れた日
今年三度目の山めしを楽しんできた。
場所は「いわき市遠野キャンプ場」
今回で二度目の利用となる。

camp183241.jpg

個々のサイトに炊事場と電源があり、管理棟には夜の10時まで使えるコインシャワーもある。
わりと高規格で初心者やファミリィキャンパーにはおすすめのキャンプ場である。

camp183242.jpg

今回は昨年末に買ったこのサーカスTCという新幕の初張りも目的のひとつだった。
午後0時にチェックイン
設営前にス-パーで買てきた惣菜でヒルメシ

camp183243.jpg

微妙な組み合わせだが、個人的に好物ばかり

camp183246.jpg

食後、少し休んで設営開始
そのあとは付近の山を散策したりして時間を過ごす。
午後4時頃から酒飲みを始める。

camp183245.jpg   

本当は赤霧島を飲みたかったのだけど陳列されてなかった。
つまみは炭を起こしてヤキトリを焼いた。

camp183247.jpg

これは美味い!
もう1パック買ってくれば良かった。

そしてメインの料理は四川風麻婆豆腐

camp183248.jpg 

豚ひき肉と木綿豆腐、ニラとネギなどを具材にして作った。
驚くほどの美味しさ
我ながらビックリ
約二人前を芋焼酎のお湯割りで二時間くらいかけて食べる。

camp183249.jpg

深夜から未明まで三時間ほど激しい雨に見舞われたので、早々に帰宅して天幕を乾燥させなければならず、アサメシはカップ麺1個で済ませた。

camp1832410.jpg 

大好きなチリトマトヌードル
若い頃、渓流釣りでよく食べたものである。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ    
2018-03-29(Thu)

初めての串揚げキャンプ

前からやりたいと思っていた串揚げをやりにキャンプに出撃してきた。
まずはキャンプ場のビジターセンターでヒルメシ

forest18301.jpg

窓の外の雪景色を見ながらのラーメンは格別である。

forest18302.jpg

その後チェックインを済ませサイトに向かう。
あちらこちらに残雪があったけれど、雪が溶けて土の部分もあったので丁度上手い具合にテントを張ることができた。

forest18303.jpg

今回はケシュアのファミリーテント ARPENAZ 4.1 FAMILY を張った。
ポールを切り詰めたのでその塩梅を確かめることも課題のひとつだった。
結果はまあまあで地面との隙間が以前ほどではなくなった。

forest18305.jpg 

テント内に道具を運び落ち着いたところで一旦休憩
ここでビールを飲む。

そして夕方
今度は夕飯の支度が始まった。

forest18306.jpg 

買い出しのスーパーでフキノトウを見つけてしまったので、天ぷらもやることになった。
天ぷらは、フキノトウとタラの芽とシシトウ
そのほかの具材は串揚げの具材とした。
そして合わせる酒は、なぜかワイン

forest18307.jpg

それにしても串揚げの下準備はメンドーだ。

forest18308.jpg 

フキノトウの天ぷらは大好きで季節になると必ず食べる。
以前は山にフキノトウ採りに行ったのだが、最近はスーパーで買うようになった。

forest18309.jpg

初めての天ぷらは失敗だった。
要するに天ぷら粉の水加減が多過ぎて衣がゆるかった。

forest18311.jpg 

その衣で串揚げも作ったのでパン粉が思うようにつかず、これもまた失敗

forest18312.jpg 

ソースは、ウスター・中濃・みりん・砂糖・オイスターソースを合わせて作った。

forest18313.jpg

このソースは美味くできた。
天ぷらと串揚げはリベンジだ。

寝酒に日本酒

forest18315.jpg 

今回は電源付きにしたので照明もストーブも電気敷き毛布も大活躍

forest18316.jpg 

白いテントはまるで照明器具のように明るい。

そして・・・

forest18317.jpg

寒い朝がきた。
クルマには霜が降り、食器洗いのスポンジはパッカパカに凍っていた。

forest18318.jpg 

めげずにアサメシを作る。
いつもの中華粥

forest18319.jpg 

鶏ガラスープの素で煮た。
オカズは漬物

forest18321.jpg 
もう少し待てば、山々も新緑となり山菜が採れる時期となる。

forest18322.jpg 

コシアブラを採って、また天ぷらを作ってみるか。
朝はコシアブラの炊き込みご飯にするか。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

2018-02-21(Wed)

野外飯2017総集編

別ブロと重なるがあえて投稿
こちらでは未公開画像も含めてまとめてみた。

2017年は三月キャンプからスタートした。
設営を終え、香港製の出前一丁に具材をトッピングしてのヒルメシ

kokko1703181.jpg

もちろんビールを飲みながら・・・
そして、夜
さしあたり酒のつまみにピーマンとさつま揚げをフライパンで焼く(炒める?)

kokko1703182.jpg

そのあとは初めての鶏ちゃん焼きを作った。
これはビールや焼酎によく合って、野菜も摂れるしバランスの良い野外飯になる。
その翌日
冷凍チャーハンをひと手間かけ、残り物の野菜で味噌汁を作る。

kokko1703183.jpg

この冷凍チャーハンが意外にも美味い!

次は、四月キャンプ
ナントカのひとつ覚えのインスタントラーメンでヒルメシ
メンマやチャーシューなどはラーメン具材としてスーパーにあるので簡単便利

campland1704221.jpg  

夕方になると酒を飲みながら酒のつまみを作り始める。
この日は、ウインナー・魚肉ソーセージ・アスパラ・スライスチーズは餃子の皮で包みフライパンで焼くだけ
次なる一品は、ウインナー・アスパラ・コンニャクを醤油とカツオ節で炒めたヘルシー料理

  campland1704222.jpg  

翌朝、冷凍チャーハンに目玉焼きを載せて昨夜残った鶏唐揚げを添えた。

  campland1704223.jpg   

続いて、五月キャンプ その1
豚肉とパクチーの炒め物を作ってみた。

kyuka1705211.jpg 

タマネギや長ネギも加えて味付けはシャンタン・塩コショーのみ
もう一味欲しかった・・・
翌朝は、残ったタマネギの味噌炒めとオムレツ

kyuka1705212.jpg

中華粥には搾菜が欠かせない。

続いて、5月キャンプ その2
ヒルメシはこれで最後の香港製インスタントラーメン「出前一丁」

numazawa1705273.jpg

夕方から酒のつまみ作り
シーフードのアヒージョ
ミニトマトを入れたらまた一段と美味しくなった。

numazawa1705271.jpg 

ワインを持って来たのでピザを焼いた。

numazawa1705272.jpg 

次は、六月キャンプ
まずはヒルメシだが、カップ麺にオニギリとは日常と大して変わらない。
かき揚げがあるかないかの違いだけである。

kyuka1706101.jpg 

案の定、オニギリが一個残してしまった・・・ (-_-;)
そして、夕飯
この時は何故か食欲がなく惣菜のスパサラとフライパンでウインナーやタン塩を炒めるだけの簡単料理(料理などと呼べるかどうか)

kyuka1706102.jpg 

ザーザーと雨が降って雰囲気は良かったのですが、食欲ないままの出撃は考え物ものである。

次は、七月キャンプ
この時も日常と変わらない。
どれもそのまま食えるものばかり・・・

adatara1707231.jpg 

オレだって面倒臭い時があるもんだ、と居直ってはみても何だかやるせない・・・
翌日のアサメシだって出来合いの食材ばかり

adatara1707232.jpg 

しかし、どれも美味かったわけで (笑)

続いて、九月キャンプその1
初めて茶碗蒸しをつくってみた。
やってみれば意外と簡単ではあるが、すが入って課題が残った。

adatara1709091.jpg  
しかし面白いので暫く続けてみて茶碗蒸しの達人になろう(笑)
酒は新潟の“ぽんしゅグリア”

adatara1709092.jpg 

アサメシはこういうパターンが多くなった年であった。
賞味期限切れの非常食を整理する目的でもあったのだが、それにしては案外美味かった。


adatara1709093.jpg 


次は、九月キャンプその2
山間部は朝晩冷え込んでくる季節はおでんが食いたくなる。
それにしてはいきなりのニンニク投入

campland1709231.jpg 

つまりニンニクも食いたいしおでんも食いたい、それに牛すじも食いたいという願望を満たすための雑多鍋と化した。

campland1709232.jpg 

ところがである。
美味かった!
アサメシは前回に続いて賞味期限レトルト飯の整理

campland1709233.jpg

在庫が尽きるまでやめられない。

そして、十月キャンプ
スーパーでたまたま発見した “あらびき腸詰めのウインナー スパイシーチョリソー”
これが超絶品(個人的には)
毎回食いたい・・・(スパサラも度々出てくるが)

kyuka1710281.jpg 

何故か秋になると鉄板料理が恋しくなる。
大好きな牛すじを使った油ギラギラの焼きそばはホントに油っこかった。

kyuka1710282.jpg 

苦肉の策で生卵を投入
大阪では生卵に焼きそばをつけて食べる店があるらしいが、今度それをまねてみよう。

そしていよいよ締めくくりの十一月キャンプ
まずはポテチをつまんでビール飲み飲みの翌朝の中華粥仕込み

adatara1711031.jpg 

貝柱で出汁を取る。
夕飯は肉、肉、肉
血液検査で低タンパクと指摘され医師に 「今どき栄養失調か」 と笑われた。
(そんなにガリガリ体形ではなく、むしろ逆なのに)

adatara1711032.jpg 

いやーでも食ったねー
炭火焼にするかも迷ったけれど、鉄板で正解だったかも知れない。

adatara1711033.jpg

翌朝の中華粥は得意バージョン
シーズニングソースで味調整して食べる。

adatara1711034.jpg 

米一合も炊けばお腹はパンパンになるのだ。

以上が2017年の野外飯だったがいろいろ反省点は多い・・・
と言うよりも、反省以前の問題でロクなものしか作っていないことは明らかである。
今年は揚げ物に挑戦してみるつもりだが果たしてどうなることやら・・・



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村    
プロフィール
Author:清十郎



2016年初夏、癌を宣告されたことから当ブログを始めました。 ソロキャンプと猫の世話が好きな還暦過ぎの猫爺です。
食いもんネタが中心です。
カテゴリ
最新記事
コメント&伝言
リンクありがとうございます
検索フォーム
ブロとも一覧

猿吉君ビールはジュース!in台湾
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ