大腸癌手術後十日目で順調に退院

横行結腸癌手術(2016.8月)で入院
09 /03 2016
入院十一日目(8月24日)

術後は順調で退院日も決まり夜はぐっすり眠れるのかなと思っていたが、どうやら寝つきが良くないのは精神的な問題でもないらしい。
病棟は始終いろんな物音が聞こえてくるわけで、必ずも安眠できるねぐらではなかった。
夕べも昨日ドクターヘリで運ばれてきた急患の心電図や身体測定器が発する警報音がナースステーションからずっと鳴りっぱなしだった。
この日も夜中に何度かトイレに起き、寝不足のまま5時に目が覚めてしまった。

朝食

hospi1682401.jpg

白飯(220g)、厚焼玉子、白菜と生揚げの炒め煮、味付け海苔、みそ汁、ほうじ茶
厚焼玉子はノンフライっぽく味気の無いものでオカズにならなかった。
そんなこともあるだろうと売店でこれを買っておいた。

hospi1682402.jpg

「またアイツか 大葉味噌や かなわんなー」 でお馴染みの助け舟(笑)と言うか、まさに “かてもの” 的存在

hospi1682403.jpg

やっぱり旨いわ、これ
しかし30~40gご飯を残してしまった。
この日は最終のレントゲン検査
異常がなければ予定通り明日退院できるのだ。

昼食

hospi1682404.jpg

ほたてご飯、カレイの中華あんかけ、南瓜の甘煮、青菜と海老の和え物、カボチャ、バナナ、ほうじ茶
ほたてご飯は食べきれずに30g残す。

午後はリハビリ最終日
自転車漕ぎ 10分、1階から4階まで階段を一気に登る。
息切れも無く順調
夕方の回診で、レントゲン結果に異常無しを告げられる。
担当医を初めリハビリの先生からも順調だと何度も告げられた。
日頃、運動は全くしないのだがアウトドアで基礎的な体力が身についていたのだろうと思った。

夕食

hospi1682406.jpg

白飯(220g)、鶏肉のケチャップ焼き、ナスとピーマンのみそ炒め、モロヘイヤのお浸し、ジョア、ほうじ茶
白飯は、40gほど残す。
病院の白飯は固くて食べきれない。
自分はお粥のほうが好きなのだということが改めて感じた。

入院十二日目(8月25日)

朝4時ごろから病室の外から聞こえる物音で眠れなかった。
トイレに起きると、開いていたはずの病室のドアはいつの間にか閉められていた。
夜勤の看護師が閉めたのだろう。
廊下に出ると三つ先の病室の照明が付いていた。
6時、再びトイレに起きるとその部屋から女性たちの泣き声が聞こえていた。
一昨日にドクターヘリで運ばれた急患がいた部屋だった。
どうやら亡くなったらしい。(合掌)
事の委細は知らないが家族の年頃から想像すると、私とそうは変わらない年齢の患者であったようだ。

朝食

hospi1682501.jpg

白飯(220g)、イワシのつみれ、小松菜と生揚げの炒め煮、みそ汁、やさいふりかけ
やさいふりかけは珍しい。

hospi1682502.jpg

初めて食べたが、たまごふりかけとあまり変わらなかった。

hospi1682503.jpg

入院生活最後の食事が終わり、朝の回診で担当医の皆さんに丁重に感謝を申し上げた。
順調な経過で良かった。
今後は、嗜好食(特に辛いもの)とアルコールを控えめにして、己の健康というものを真剣に考えることが家族のためでもあると痛感した。



にほんブログ村     

抜鈎は痛いのか痛くないのか

横行結腸癌手術(2016.8月)で入院
09 /02 2016
(お断り! 閲覧注意画像あり)

入院十日目(8月23日)

術後八日目である。
台風が通り過ぎた翌日は穏やかな天気となった。

hospi1682301.jpg

夜中に何度かトイレに起きる。頻尿になってしまったか。
そしてガスは出るのだけれど昨日から便が出ない。
お腹が張ったような感じはしないのだが・・・

6時前に起床し、7時になると二階の売店に日経新聞を買いに行く。
ベッドの上で新聞を読んでいると朝食が運ばれてくる。
これが毎日の日課のようなものだ。

hospi1682302.jpg

全粥、さんまおかか煮、ほうれん草の磯和え、のりたまごふりかけ、みそ汁、ほうじ茶
みそ汁に初めて具が入った。

hospi1682303.jpg

のりたまふりかけも暫く食べてなかったが、案外旨いものである。

hospi1682304.jpg

朝の回診で抜糸(スキンステープラーなので正確には抜鈎と言う)をした。
担当医の先生がが看護師さんに 「ばっこうき」 と言っていた。
初めて耳にする単語だったので覚えていた。
気になって調べてみると、いわゆるホチキスのようなもので傷口を縫うのだが、これは今の主流なのか?・・・
いわゆるこんな状態である。













ここから閲覧注意!
傷口のリアルな画像再掲載です。




















再掲載
hospi1682008.jpg

ホチキスの針が刺さればかなり痛いのだけど、この針は刺さった状態でも全く痛みを感じないのは不思議である。

スキンステープラーと抜鈎器(リムーバー)
p_stapler.jpg

ハサミのようなものが、抜鈎器
痛いんだろうなと身構えていたら抜糸よりは痛みは少ない、と言うか殆ど無い。
先生が針を抜き始めから何針止めたのか数えていたら、途中で先生が話しかけてきたのでわからなくなってしまった。
幸い画像を撮っていたのであとで確認すると26針であった。
抜鈎したあとの傷口には、治りが早くなるプラスアルファの付加価値が付いた防水テープ(たぶん防水フィルムドレッシングテープ)を貼られた。
そして 「退院ですが、もういつでもいいですよ。明日の午後でも・・・」 と先生から告げられた。
お腹を15センチも切り大腸を20センチも取ったのに、僅か十日足らずで退院なんて今の医療は凄いなと思った。

昼食

hospi1682305.jpg

白飯(220g)、鶏肉の梅みそ焼き、油麩を大根の煮物、小松菜とツナの和え物、リンゴ、ほうじ茶
やっと白飯になった。

hospi1682306.jpg

午後はリハビリ
自転車漕ぎと階段を二階から四階まで登った。
足を運ぶ時の振動が腹に伝わると傷に響く。
以前のように体を動かしてお腹もごしごし洗えるようになるのは何日経てばよいのか・・・

夕食

hospi1682307.jpg

白飯(220g)、月見煮、チンゲン菜と鶏肉の中華炒め、キャベツのマヨポンサラダ、ヤクルト、ほうじ茶
夕方の回診で、退院は家族と相談し二日後(8月25日)にしたことを先生に報告し、栄養指導は前日に受けることにした。
あとのことは自分で管理するしかないわけだ。




にほんブログ村     

退屈な入院生活に台風が来るのだ

横行結腸癌手術(2016.8月)で入院
09 /01 2016
入院八日目(8月21日)

術後六日目
このあたりになると傷の痛みはあるものの少しずつ動作が早くなったような気がする。
術後は、まるで動物のナマケモノのようであった。
この日は五時に目が覚めトイレに行きナースステーションの前を通り過ぎると、看護師さんに呼び止められた。

「○○さん、ほんのちょっと残ってますがもう点滴を外そうかと思います。」 と告げられた。

これは願ってもないことである。この時は本当に看護師さんが “白衣の天使” に見えた瞬間であった。

朝食

hospi1682101.jpg

3分がゆ、玉子豆腐、小松菜と鶏ささみの和え物、具のないみそ汁、ほうじ茶
相変わらず量は少ないが、10時と3時のおやつがあるのでひもじい思いをすることはない。
点滴が外れ行動範囲が広がるはずなのだが意外とそうでもない。
読書、テレビ鑑賞、患者仲間とのコミュニケーション、院内ウロウロ放浪歩き・・・
全く持って退屈である。



hospi1682102.jpg

七分がゆ、西京漬けタラの焼き魚、煮野菜、ゼリー、ほうじ茶
七分がゆになった。

hospi1682103.jpg

10時30分に入れた三日目の座薬は、昼食が終える頃に効き目が現れ結果良好となった。
この日は日曜日でリハビリはお休み、院内を歩き自主トレをした。

夕食

hospi1682104.jpg

七分がゆ、鶏唐上げおろしポン酢和え、ジャガイモ煮、野菜ジュース、ほうじ茶

点滴と食事の予想結果
P8270138.jpg



入院九日目(8月22日)

例の如く5時に目が覚めたものの、うたたねを繰り返しながら6時過ぎまで寝てしまった。
夜中に三回ほどトイレに起きて相変わらず良く眠れない。
7時になり二階の売店に新聞を買いに行った。
痛みは日毎に穏やかになってくるが、やはり動くと痛む。
右側の寝返りはさほど痛くはないが、左に寝返りを打つと腹の傷と一緒に腹内も痛む。
外の景色を見ると今日は晴れのようであるが、夜になると台風が直撃する予報である。

hospi1682201.jpg

朝食

hospi1682203.jpg

七分がゆ、魚河岸揚の甘辛煮、白菜のおひたし、具無しみそ汁、ヤクルト、ほうじ茶
何だろう?七分がゆが三回続いた。

hospi1682202.jpg

午前中は自主リハビリで中庭のコースを歩いた。
往復200mと短いが外の空気が吸える。

hospi1682205.jpg

自然の草花もあり楽しい。

hospi1682206.jpg

昼食

hospi1682204.jpg

全粥、鶏のマリネ、チンゲン菜のじゃこ和え、豚肉と野菜の煮物、バナナ、ほうじ茶
ようやく全粥になった。
午後のリハビリは自転車漕ぎ
負荷は普通の5、10分間漕いだ。
結構汗をかくので、リハビリ後は決まってシャワーを浴びる。

夕食

hospi1682207.jpg

全粥、ほっけ焼き、野菜の煮物、小松菜の和え物、カフェオレ、ほうじ茶
ほっけは外国産の冷凍ものらしく生臭く不味いので半分残してしまった。

hospi1682209.jpg

魚好きだがこれはいただけない。

夜になると暴風雨が激しくなった。
家が心配になり、夜中に起きては窓の外を眺めたりする時間が翌日の明け方まで続いた。



にほんブログ村     

ようやく重湯が出たのだが

横行結腸癌手術(2016.8月)で入院
08 /31 2016
(お断り!: 閲覧注意画像あり)

入院六日目(8月19日)

術後四日目である。
点滴のせいか夜は一時間ごとに目が覚めトイレに行く。
よく眠れない・・・
この日は進展があった。
朝の回診で昼食から食事を始めると言われた。
良かった。これで点滴が外れる見通しが出た。
しかし以前としてガスが出ないので、腸を刺激するために下剤の座薬を入れるという。
40分ほど我慢をしてトイレに駆け込むと、出たのは白い乳液のような座薬そのものだった。
当然へこむ・・・

午前中はレントゲン撮影があった。
院内は知り尽くしているので一人で撮りに行った。

先生の言ったとおり昼食が出た。

hospi1681901.jpg

見る限りとても食事とは思えない。
それにしても何かがオカシイ??
誰が見ても同じものがふたつあるように見えるが・・・
最近の重湯は色が付いているのかと思いながら口に入れてみた。

hospi1681902.jpg

これは思っていたとおり具のないみそ汁である。
では、もう一つのほうが色の付いた重湯(あるわけないのに)だろうとすすってみた。
間違いない、紛れもなく味噌汁である。
食後、食器を片付けに来た看護師さんに訊ねると 「それはオカシイね、確認するから」 との返答の結果、あとから栄養担当の栄養士さんが病室に来て配膳にミスがあったと言っていた。
これからでも重湯を持って行けるがどうするか聞かれたが、食欲がないのでお断りした。

この日はリハビリで自転車を10分間漕いだ。
病室に戻るとおやつが出ていた。

hospi1681904.jpg

自信はないがこれは飲むヨーグルトだろうと思う。
夕方5時頃、便意を感じトイレに行くと待望のウ○チが出た。
嬉しかった。
喜んでいると夕食が運ばれてきた。

hospi1681905.jpg

重湯、具のない味噌スープ、すりおろしリンゴ、野菜ジュース、ほうじ茶
昼に食べられなかった重湯である。

hospi1681906.jpg

塩を振って食べた。
いや、飲んだ。

入院七日目(8月20日)

相変わらず夜のトイレ通いが忙しく良く眠れない。
それでも5時頃には目を覚ましてしまう。
外を見ると朝陽が路面を照り付けながら雨が降っていた。

hospi1682001.jpg

珍しい天気にしばし見とれていると、朝食が来た。

hospi1682002.jpg

三分がゆ、そぼろ玉子ケチャップかけ、煮野菜、ヤクルト、具のない味噌スープ、ほうじ茶
初めてオカズらしいものが出た。

hospi1682003.jpg

hospi1682004.jpg

三分がゆも美味しかった。
しかし大の大人には物足りない。
10時のおやつのフルーツヨーグルトがなければ耐えられなかっただろう。
朝の回診で傷口の防水テープが剥がされてガーゼに交換
なんとなくだが回復しているなという実感があった。

hospi1682005.jpg

また座薬を入れられた。
午前中に、友人の見舞客あり。

昼食

hospi1682006.jpg

三分がゆ、タンドリーチキン、カボチャ、ほうじ茶

hospi1682007.jpg

重湯も三分がゆも二回ずつ続いた。
と言うことは・・・

hospi1682011.jpg

予想してみた。(ヒマだったので・・・笑)

この日は朝の回診でシャワー許可が出たので、リハビリを終えたあとで一旦点滴を外してもらいシャワーを浴びた。
実に五日ぶりのシャワーである。
ガーゼを剥がしたので、初めて傷を見ることが出来た。




















閲覧注意! 傷口のリアルな画像です。
見たくない人は、ここでスルーしてください。























hospi1682008.jpg

ところどころ内出血しているのは手術の痕跡だろう。
スキンステープラーというのも初めて見た。
傷口が綺麗なのはやはり医師の技量に違いない。
しかし見るからに痛そうである。
このほかにも脇腹の下に直径1センチほどのドレーンの傷があった。


夕食

hospi1682009.jpg

五分がゆ、鯵の香味焼き、白菜のおひたし、すりおろしリンゴ、ほうじ茶
予想通り五分がゆだった。

hospi1682010.jpg

予想的中で喜んでいると、点滴切れのメロディが鳴った。
看護師は察していたのか、替えのパックを持って来て交換しながら言った。

「これで点滴は終わりですねー 明日の朝には点滴が外れますよー♡」

「えーっ!! ホントですかー」

独自に立てた予想より二日も早い!
点滴が外れる代わりに、予想も見事に外れたわけである。



にほんブログ村     

体につながれた管が日増しに抜かれて行く快感

横行結腸癌手術(2016.8月)で入院
08 /30 2016
入院五日目(8月17日)

4時間に及ぶ横行結腸癌手術の二日目である。
朝の回診で腹内ドレーンと硬膜外麻酔のカテーテルが外された。
あとで尿管も外すので点滴だけになるねと担当医は笑顔で言っていた。
術後二日目にして点滴だけになるとは自分でも想定外の出来事だった。
歩いてトイレにも行くことができ、ベッドに横たわっていることもなくなる。
意外に早くも自由を手に入れた感じである。

hospi1681703.jpg

自分のベッドをこうして見渡すことも出来た。
窓に近づき外の景色も楽しめた。

hospi1681704.jpg

そうしていると10時になり、リハビリの先生がやってきた。
院内を歩いて一周すると言う。
入院病棟から外来病棟をぐるりと一周すると結構な距離を歩くことになる。
大腸癌の手術後二日目でこの距離を何の問題もなく歩く患者はそうはいないと言っていた。

以前として絶食絶飲のまま、うがいだけをして過ごしていた。
午後8時前に担当医が来た。この時間は珍しい。
何かあったのかと身構えたが、 「術後二日目にしては元気が良いので明日から水分を取る練習をしてくだい。」 と言われた。

昨日から夕方になると37度を少し超える微熱が出ていた。
体は暑くなったり寒くなったり・・・
ガスはまだ出ない。

入院六日目(8月18日)

術後三日目である。
昨晩担当医が言った通り、朝から水分(水・お茶・ポカリなど)許可が出た。
早速、病棟のラウンジにある自販機からミネラルウォーターを買い求め一口だけ飲んでみた。

hospi1681801.jpg

拒絶反応は吐き気などが起きるそうそうである。
三十分ほど様子を見て二口目を飲んだ。
同じことを何度か繰り返していると二人目の担当医(女医)がやって来て 「しゃんとしていて、とても順調ですね。」 と言って戻った。
すると二人の看護師がやってきて 「ICUから新たな患者が来るので、病室を移ります。」 と言われた。
私がいたのは、そういう部屋だったのである。

hospi1681802.jpg

新たな部屋は奥から二番目の二人部屋であった。
荷物を整理していると、また看護師がやってきて今日は体を拭く日だとタオルを数本持って来た。手の届く範囲は自分で拭き背中だけ拭いてもらった。
頭もシャンプーしてもらってスッキリしたところで、抗生物質の点滴を追加され一層リフレッシュされる気分になった。(笑)

hospi1681804.jpg

元気になると傷がどのようになっているのか気になった。

hospi1681805.jpg

しかし見ようとしても防水テープが貼られており自分で剥がすことはできないので諦めた。
ガスはまだ出ない。
水分が腸を目覚めさせるのではと期待をしながら喉を鳴らして水を飲んでみた。
このままだと前に進めないのではないかと、その日は不安な夜になった。
そして、一昨日から咳が出始め血痰も出る。
咳をするとズキンと傷が痛み、非常に辛い。



にほんブログ村     

清十郎

キャンプと猫の世話に明け暮れる還暦過ぎの猫爺です。
ブログは食いもんネタ中心で普段の外食や自分で作るアウトドア料理となってます。
外食の場合は思ったことを書きたいので基本的にお店の情報は控えることにします。
隔日更新でその殆どが予約投稿ですが、コメントには必ずお返しいたしますし相互リンクなども大歓迎です。